ARESBIKES.COM | New Year Photo Session
ARES,BMX,FLATLAND,CYCLE,PHOTO,ARESBIKES,
16869
post-template-default,single,single-post,postid-16869,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-17.1,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

New Year Photo Session

All Photo By Yusuke Origuchi

FLATLANDのART的な部分の表現を意識して新春から3日間、フォトグラファーの折口氏とPhoto Sessionを決行致しました。普段の乗り馴れた路面では無いラフなストリートの路面でも、圧倒的なグリップ力と走破性を誇るARESBIKES A-Class TIREは、冬季の低温、砂の浮いたスリッピーな路面でも、最高のパフォーマンスを発揮して来れました。撮影は良い描が撮れるまで何度もトライします。バーエンドやペグ、サドルは消耗したり各パーツには大きな負担が掛かります。安価なBMX ルック自転車では、リアルなストリートのフィールドでのライディングは不可能です。ARESBIKESが創り出すパーツや完成車は、こういったリアルな現場で本領を発揮します。作品の質感や、構図、バランス、1番にストーリーに拘りシャッターを切って行きました。ストロボや、蛍光灯の光が被写体のライダーのスポットライトで有り、その瞬間の中で、フォームやスピンのポジンションなどを意識して1枚1枚、1スピン、1シャッターに拘って撮影しました。BMXカルチャーを伝える為にトリックのスキルを競うコンテストが存在する様に、本質のスタイルを映し出す為にストリートシューティングが存在します。そのシチュエーションを、映し出すにはそれなりの撮影機材とカメラマンのスキル、経験値、データーが必要です。機材を使い熟すのにも、時間や練習も必要です。全ては、繰り返しの中でようやく見えてくる結果。ブランドの価値観を、作り出す為の挑戦が作品作りや撮影には込められています。撮影もライディングも機材と人間の親和性が重要な仕事です。NEW YEAR PHOTO SESSION お疲れ様でした。

Thanks Riders
Yasushi Tanabe(Guell bicycle store) & Masato Ito(GET IT)

 

 

 

No Comments

Post A Comment