ARESBIKES.COM | 陽介宇野
aresbikes,ares,bmx,flatland,aresbykes,aplus,sword,stn,adit,york uno,
19
archive,author,author-yorkuno,author-19,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,qode-theme-ver-17.1,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

Author: 陽介宇野

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=zwwcOpyVnIE&w=560&h=315] ARESBIKES 本格STREET BMXモデルのSTEELOのPVを公開致しました。14mmシャフトのリア シールドフリーコースターハブが標準装備されたARESBIKES STEELO COMP BIKE。このフリーコースターハブが、標準装備されてる事でフェイキー(後ろ向きに進んだ状態)で、ギアが噛まない様にクランクを後ろ回転させずにバランスを取る事が可能に成ります。近年、海外のTOP RIDER達はSTREETもFLATLANDも標準装備してるリアハブ。このフリーコースターの特徴としてクラッチが、内臓されてる為前に進む場合は通常のハブより遊びが大きく設定されています。近年のFREESTYLE BMXの技術の進化はペダルを漕いでスピードを加速するのでは無く。パンプ(膝に力を入れて地面を蹴る)するイメージで、ペダルを漕がずに加速してトリックに繋げる技術がSTREETでもFLATLANDも大きく進化致しました。パンプの技術はBMXレースでは既にコーナーリングや、ジャンプの主流の技術に成っています。ペダルを漕いだ状態でパンプして加速する事は出来ません。通常のリアハブの場合、フェイキー時に後ろ回転しながらペダルポジションを変えながらライディングする事で、トリックを繋ぐタイミングの難しさがあります。フリーコースターハブを、装備する事でこのトリックのタイミングが自由に出来ます。多くの最新トリックでフリーコースターが無ければ出来ないトリックが沢山存在します。エントリーモデルとして、オーバー スペックとも言われても過言では無い高性能なフリーコースターハブを、低価格での提供をコンセプトに置いて開発されたのが、ARESBIKES STEELO COMP BIKEです。STEELOは最新のフレーム設計に、最新のパーツ構成なリアルなストリートBMXです。 SPEC Color: Mat Black, Mat Light Gray and Gloss Gun Metal
Frame: STEELO
Top Tube Length : 520.7mm(20.5″)
 Rear Center : 335mm(13.18″) 
Head Angle : 75°
Seat Angle : 71°
Rear End size : 14mm
Head Tube : REGULAR 
Fork :...

All Photo By Yusuke Origuchi FLATLANDのART的な部分の表現を意識して新春から3日間、フォトグラファーの折口氏とPhoto Sessionを決行致しました。普段の乗り馴れた路面では無いラフなストリートの路面でも、圧倒的なグリップ力と走破性を誇るARESBIKES A-Class TIREは、冬季の低温、砂の浮いたスリッピーな路面でも、最高のパフォーマンスを発揮して来れました。撮影は良い描が撮れるまで何度もトライします。バーエンドやペグ、サドルは消耗したり各パーツには大きな負担が掛かります。安価なBMX ルック自転車では、リアルなストリートのフィールドでのライディングは不可能です。ARESBIKESが創り出すパーツや完成車は、こういったリアルな現場で本領を発揮します。作品の質感や、構図、バランス、1番にストーリーに拘りシャッターを切って行きました。ストロボや、蛍光灯の光が被写体のライダーのスポットライトで有り、その瞬間の中で、フォームやスピンのポジンションなどを意識して1枚1枚、1スピン、1シャッターに拘って撮影しました。BMXカルチャーを伝える為にトリックのスキルを競うコンテストが存在する様に、本質のスタイルを映し出す為にストリートシューティングが存在します。そのシチュエーションを、映し出すにはそれなりの撮影機材とカメラマンのスキル、経験値、データーが必要です。機材を使い熟すのにも、時間や練習も必要です。全ては、繰り返しの中でようやく見えてくる結果。ブランドの価値観を、作り出す為の挑戦が作品作りや撮影には込められています。撮影もライディングも機材と人間の親和性が重要な仕事です。NEW YEAR PHOTO SESSION お疲れ様でした。 Thanks Riders Yasushi Tanabe(Guell bicycle store) & Masato Ito(GET IT)      ...

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=8QPwZzWpUJg&w=560&h=315] 2019年、新年明けましておめでとうございます。本年も、ARESBIKES宜しくお願い致します。新年と言う事で、先ずは気軽に快適にクルージングが出来るシティークルーザーのOUVERのPVをUP致します。やはりクルージングの疾走感は、BMXより快適です!じわじわと、人気、注目が高まってきた個性的な自転車です。オールドスタイルのBMXなルックスが魅力的な1台。BMXパーツを取り入れるカスタムで更に自分流にアレンジすると目立つ事間違い無しの自転車です。STREET BMXだと、サドルのポジションが低過ぎて常に立ち漕ぎを強いられて疲れますが、このOUVERは、座ったまま自分の体格に合ったセッティングが可能です!長距離走っても疲れにくく、小径車で有りながらBMXのタイヤを標準装備しており、通常の小径車よりパンクの心配もありません。通勤、通学にも最適なクルーザーです。 全国ARESBIKES正規販売店で、お求め頂けます。 ARESBIKES http://aresbikes.com/ OUVER http://ouvercycles.com/ ...

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=pdKKx4G_Zqg&w=560&h=315] 2019年のARESBIKES STN PVを公開致しました。 FREESTYLE BMXの本格的な、トリックは勿論。 街を、快適に走るカッコイイスポーツ自転車としても大注目です! BMXとはBicycle Motocrossの略で1970年代にアメリカカルフォルニア州で生まれた20inchの自転車です。 オンロードも、オフロードも子供達が、快適に走れる様に開発されました。 ARESBIKES”STN”は、長年の経験から開発された一般的な子供車より快適に乗れて、耐久性がある子供自転車です。 そのうえ、トリック(パーク、フラットランド、ストリート)を練習して楽しむこともできる最高のマルチな16インチBMXです。 近年では、BMXをファミリーで楽しむ方々が全国各地で増加しています。ランバイクを、卒業たら最初の1台としてオススメの子供自転車です。*STNの対応身長120cm〜135cmです。 SPEC 前後とも制動力の高いUブレーキ採用。 ジャイロ、U-ブレーキ、4本ペグ、25Tスプロケット、壊れにくい 9T カセットハブを使用。 ハンドルがブレーキワイヤーがからまずクルクル何回でも回せるジャイロセット装備。 メンテナンスが楽で丈夫なインテグラルヘッド。 ブレーキレバーは小さい手でもとどき易い様にアジャストネジが付いています。 Top Tube Length : 380mm, Rear Center : 272mm Head Angle : 75°, Seat Angle : 72° Rear End size : 10mm, Head Tube size :1-1/8" BB : ユーロ BB Tires : A-Class 16 × 1.75 Color : MAT SAPPHIRE、MAT SILVER、LIGHT GREEN、RED、MAT BLACK ...

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=iI6R_R7GvuI&w=560&h=315] 2018年12月1日に渋谷ストリームで行われました。G-SHOCK主催による15歳以下による日本一決定戦 選抜8名の次世代代表のBMX RIDERが活躍したコンテスト映像です。ARESBIKES次世代代表の佐藤惣叶(Minato Sato)もエントリー致しました。日本全国から選抜されたライダー達8名によるバトル式トーナメント結果は...

2019年FLATLANDに特化したショートで軽量な、AGステム V4 33mmをリリース致します。特徴はハンドルクランプの高さがセンターに来るポジションです。この仕様によりスペーサーを、限りなく少なくするセッティングが可能で、軽量でコンパクトなステムながらステアリングチューブを強く締め付ける事が可能に成りました。強度を確保しながらギリギリまで、肉抜きされた未来型なシルエットも魅力でCOOLなステムに仕上がりました!20inch BMXには勿論。18inchや、16inchなどKIDS BMXにもバッチリな相性のステムです。ARESBIKES AG STEMシリーズバージョン4。最新型のステムリリースを、お楽しみに。 ...

沖縄の音楽フェス”波の上フェスティバル”内で、開催されたチャンプルゲームにて、怪我から復帰した森崎弘也が準優勝致しました!!!怪我から、復帰した森崎弘也が持ち前のオリジナルトリック、ハイスピードでアグレッシブなルーティーンを武器に圧勝で決勝バトルに駒を進め。惜しくも優勝は逃したものの、FLATLAND KINGの異名、強さを改めてライバル達に魅せつけた復帰戦と成りました。彼自信が設計開発したARESBIKES A-CLASS TIREはグリッピーで転がりも最高!どんな路面でも最高のパフォーマンスを発揮してくれるFLATLAND支持率No.1のタイヤです。今後も軽量化と強度に特化したARESBIKESプロダクト共に彼の新たな進化をご期待下さい。 会場は、終始熱気に包まれ大きな歓声と盛り上を魅せた大会と成った様子です。各地ローカルが、BMXで盛り上がりを魅せるイベントやコンテストがどんどん開催されBMXファンが拡大増加して行く流れは素晴らしい限りです。参加者、STAFF、各スポンサーの皆様お疲れ様でした。 ...

2019年 2TYPEのFORKをリリース致します!FLATLANDに特化したクイックなハンドリングを可能にする0オフセットFORK。 AX FORK と、12mmのオフセットがある ST FORKの2TYPE。AX FORKは、スリムでシャープなシルエットでタイヤセンターにより近いセッティングが可能なFORKと成っております。ST FORKは、2.3サイズまでのタイヤが装着可能なクリアランスをキープして強度を意識してAX FORKより若干太いシルエットに成っています。ライディングスタイルに合わせて、使い分けてセッティングして下さい。スペシャルなチュービングで、軽量で強度の高い注目のFORKと成っております!発売お楽しみに。 ...

ハンドルバーを2TYPEリリース致します。 一つは、FLATLANDで人気にあるAPLUS BARのNEWバージョンです。名はAPLUS LOW BAR。 人気なFLATLANDに適したトリック時に必要なスペースを確保した4PSタイプのハンドルバーです。 フォルムはAPLUS BARそのままに、グリップポジションが215mmと前モデル230mmから15mm低く設定されました。 クロスバーの位置も低くバックスイープも6°とFLATLANDに適したハンドルバーに仕上がってます! そして、もう1つのハンドルバーは、ワールドチャンピオンに幾度と無く輝いた経歴を持つViki GomezデザインのARES V BAR。 クロスバーのフォルムが Viki Gomezの頭文字 Vの様に曲げたオールドNEW的デザインの個性的なハンドルバーです! 軽量で、程よいしなりを意識した高さ200mm、バックスイープ10°、アップスイープ3°の2PSタイプのハンドルバー。 オールマイティーなFLATLANDトリックをこなすVikiによるFREESTYLEライクな注目のハンドルバーです! この2TYPEのハンドルバーが、2019年リリースされます。 価格、カラー販売日が確定致しましたらまた改めてアナウンスさせていただきます。 発売お楽しみに! ...

ARES V FRAME Design by Viki Gomez It is scheduled to be released in 2019! FLATLANDのアイコンライダーでもある Viki Gomezが乗るオリジナルFLATLAND FRAMEが2019年ARESBIKESから正式にリリースされます。 その名は、ARES V FRAME! Viki Gomezの頭文字Vと、FLATLANDのオリジナリティーが全面に押し出されたTOP TUBEのV曲げ。 このFRAMEのリリースで世界中のライダーにVサインを届けれる様に2019年のリリースを目指して現在計画中です。 気になるスペックはTOP TUBE 19.5inch REAR CENTER 12.8inch HEAD ANGLE 75° 価格と、カラーは発売日が決定した際に改めてアナウンスさせて戴きます。...